外資系企業というとグローバルな企業であるとかキャリアアップにつながるといったイメージがありますが、実際はよくわからないという人が多いのではないでしょうか。外資系企業への転職をお考えの皆様のためにここではその特徴についてお伝えしていきます。

外資系企業の特徴

外資系企業は第一に結果主義であり、自分の出した成果のみが給与や昇進に反映されます。また、受け身的な姿勢ではやる気がないとみなされるので、自分から積極的にプロジェクトに参加して経験を積んでいくという姿勢が重要になるでしょう。経営陣の判断はスピードを伴っており、事業の計画は変動しやすいのでそれに沿った対応ができる人も求められます。

実力主義であること

外資系企業は、従来の日本の企業のような年功序列や終身雇用などの制度がないところが多く、就職後に実力主義で待遇が決まるところが目立ちます。特に、営業や販売、企画などの部門においては、契約件数や売り上…

自主的な行動が求められる

外資系企業では個人が自主的に動くことが当たり前になっています。自主的に動かないでいると、働いていないと認識されることも少なくないです。自主的に動いて、企業が求めている働きをすることが大事です。自主…

外資系を選ぶことのメリット

自分の能力を活かせる

一言で外資系企業といっても職種や規模は様々です。社員は全員日本人というオフィスも多いのです。会社情報等で社内公用語が英語や本社のある国の言語となっている場合はスタッフに外国人がいるということになり…

遠慮なく意見が言える

一般的な日本企業から外資系企業に転職する社会人が増加してきており、若い世代を中心により自分のポテンシャルを高く発揮出来る現場に転身する動きが加速し始めています。良くも悪くも日本企業の風土は昭和の世…

語学力の向上を図れる

日本の公用語は日本語で、アメリカであれば公用語は英語になるでしょう。日本で普通に生活をする分には日本語だけできれば済むときもありますが、海外に移住をしたり海外の会社等とコミュニケーションをするとき…

臨機応変な対応が必要

朝令暮改に適応しなければならない

外資系企業は、朝令暮改の頻度が非常に高いです。一般的に、日系企業の部門やチームは、設定された目標を達成させるべく、試行錯誤を重ねます。思い通りの結果を出せない折には、「努力したけれども仕方がない」という風潮になっていますね。しかし、外資系の場合は、より良い成果を追求することに対して貪欲です。方針を決めていたとしても、成果が上がる気配を感じられなければ、プロジェクトを進めている最中に次から次へと方針転換していきます。外資系では、朝令暮改によって成果を上げようとする傾向が強いため、臨機応変に対応できる能力が大切です。急に方針が変わった時でも、直ぐに気持ちを切り替えて前進できる人材が求められています。

ネガティブな言動は慎むべき

外資系企業には、「自社の上層部が決定した意向に反抗してはならない」という暗黙の了解が存在しています。勤務するサラリーマンは、プロジェクトの方針転換を大っぴらに否定できません。ネガティブな言葉を頻繁に口にしていると、「仕事ができない人」というレッテルを貼られやすいです。方針が変わる度に戸惑っていては、社内で置いてけぼりになります。自分自身が取り組まなければならないことを模索し、多種多様なプランを提案できる人物こそ外資系企業に相応しいです。突然の方針転換に伴って業務を調整しなければならない時、今まで続け仕事がフイになってしまった時など、苦しい場面を難なくクリアできるでしょう。状況に応じて迅速かつ的確に行動できる能力と共に、強い精神力が必要ですね。

© Copyright Leads To Career Advancement. All Rights Reserved.