実力主義であること

実績が正しく評価される企業でキャリアを積もう

外資系企業は、従来の日本の企業のような年功序列や終身雇用などの制度がないところが多く、就職後に実力主義で待遇が決まるところが目立ちます。特に、営業や販売、企画などの部門においては、契約件数や売り上げなどに応じてシビアに評価が出る傾向があるため、転職を希望する前に企業ごとの評価制度を正しく把握することがおすすめです。最近では、外資系転職を様々な面でサポートしてくれる人材紹介会社も登場しており、自分のキャリアに合った職場を探しやすくなっています。なお、転職後に順調にキャリア形成を図るうえで、志望企業の求職者向けの資料に目を通して、経営幹部や上司に日々の仕事の実績を正しく評価してもらえる企業を見つけることが肝心です。

特殊な才能がある人は20代で管理職を任されることもある

外資系企業は、過去の業務経験や勤続年数よりも、社員のポテンシャルの高さを評価するところが多く見られます。実力主義の風潮がある外資系企業の中には、各分野で特殊な才能を持つ20代の社員が管理職を務めるところもあり、年齢に関係なく高収入を稼ぐことができるようになっています。また、若手社員のキャリアアップの支援に力を注いでいる外資系企業においては、中途採用で能力の高い第二新卒者を受け入れているところも少なくありません。そうした中、外資系企業に転職をして将来的に責任のある仕事をこなしたい人は、適材適所の人員配置を行っているところや、研修期間中に興味のある職種の仕事をひと通り経験できるところを転職先の候補に決めると良いでしょう。

© Copyright Leads To Career Advancement. All Rights Reserved.