自分の能力を活かせる

どんな外資系の会社?

一言で外資系企業といっても職種や規模は様々です。社員は全員日本人というオフィスも多いのです。会社情報等で社内公用語が英語や本社のある国の言語となっている場合はスタッフに外国人がいるということになります。社員が日本人のみというオフィスの場合は、社内のある程度の規律は普通の日本の会社と変わらないとはいえ海外に興味がある人々の集団ですから、自分の中である程度重要な部分を占める認識や興味のある点について、共通点がある仲間が見つかることが多いでしょう。

オフィスに外国人がおり社内公用語も外国語という会社なら、外国で働いている状態に近い環境になります。シビアだと感じることもあるかもしれませんが、案外サバサバした関係が性に合うという方もいます。上司の肩書の人は、職務の細かい指示するというよりは自分のやり方で迷ったときにアドバイスをくれる存在であることがしばしばあるでしょう。

より視野を広げスキルアップのチャンス

業務の中で海外の本社と連絡を取ったり、本社に出張する機会があるポストに就いた人であれば、本社のスタッフとコミュニケーションを取る中でその国の情報を得ることができます。業務を通じて信頼関係を築き、その国に旅行に行く機会があればそれを伝えたり、その国について興味深いニュースがあれば一言話題に出してみることもできます。相手が何かしらのリアクションをしてくれる可能性は大きいでしょう。益々視野が広がるチャンスです。

普段の業務では本社のスタッフと直接コンタクトを取る機会がなくても、何かしら自分の業務で常にその国とつながっているのが外資系企業です。日本の同僚を介してでも海外の情報を得られるチャンスはありますね。日本と外国両方の様々な状況を知ることができる環境で働くことで視野が広がり、思わぬところでその知識が役立つこともあります。得意の言語に加えてスキルアップの相乗効果となる要素を拾っていきましょう。

© Copyright Leads To Career Advancement. All Rights Reserved.